南海線・地下鉄堺筋線 天下茶屋駅西口から和歌山方面へ徒歩1分天下茶屋 あみ皮フ科クリニック

蕁麻疹Hives
じんましんは、アレルギー反応によって皮膚に赤く膨らんだブツブツ(皮疹)が現れる病気です。皮疹はかゆみを伴うことが多く、膨らみは小さなこともあれば、体に地図を描いたように大きく広がることもあります。1日の間に症状の範囲が大きく変化したり、発疹の場所が移動したりします。

皮膚に存在するマスト細胞が何らかの刺激を受けることで細胞の外にヒスタミンという物質を出すことにより、血管や神経に作用して皮膚に膨らみや赤み、かゆみを引き起こさせます。困ったことに、このマスト細胞を刺激するきっかけは様々で、原因をはっきりと特定することが難しい場合も多いです。

発症から1ヶ月以内のものは急性じんましん、発症から1ヶ月以上が経ったものは慢性じんましんと呼ばれます。
お悩み内容
蕁麻疹の病態に関与する因子
1.身体的要因
・感染症(特に風邪)、ストレス、疲労など

2.外的要因
・物理的刺激(温熱、寒冷、圧迫、日光、汗など)
・ヒスタミンやそれに似た物質を含む食べ物
  魚類(サバ、イワシ、マグロ)、野菜や果物(ナス、トマト、アボカド、バナナ、パイナップル)
  発酵食品(チーズ、ワイン)
・サリチル酸を多く含む食べ物
        野菜や果物(イチゴ、トマト、オレンジ、ブドウ、パイナップル、モモ、リンゴ、キュウリ)
        食品添加物(防腐剤、人工色素、酸化防止剤)
・豚肉、餅、香辛料等の仮性アレルゲン
・薬剤(造影剤、NSAIDs)

治療内容Treatment content

じんましんの治療は、原因が明らかになっているかどうかによって二つの考え方があります。まず1つ目は、原因が明らかな場合です。その場合は原因や悪化因子を取り除くことを第一に行い、症状が治まらない時は抗ヒスタミン薬などを服用します。

2つ目は、原因が不明な場合です。その場合は抗ヒスタミン薬などの薬の服用による治療をメインで行うことになります。
治療内容
抗ヒスタミン薬とは、かゆみの原因となる体内のヒスタミンの働きを抑える薬です。薬の効き目や、薬を飲むことによって眠気の発生や集中力、判断力の低下などの症状が起こる場合がありますが、これらは全て個人差があるため、気になることがある場合はすぐにご相談ください。

また、慢性じんましんの場合は疲労を溜めないようにしたり、ストレスを解消することで症状の悪化を抑えたり、症状が軽くなる場合もあります。治療と並行して、普段の生活を見直しこれらを改善する工夫もぜひ行なってみましょう。

湿疹・かぶれEczema/Rash
かぶれ(接触皮膚炎)とは、皮膚に接触した物質の直接刺激による刺激性のものと、原因物質のアレルギー反応によるアレルギー性のものがあります。 アクセサリー、衣類、植物、化粧品、洗剤、毛染め、パーマ液、消毒液など、身近な環境内にも原因となりうるものがあります。

どちらもステロイド外用薬や抗アレルギー剤内服が効果的ですが、症状が激しく範囲が広い場合は、短期間ステロイド剤を内服することもあります。再発の予防には原因を避けることがもっとも大切です。

原因が分からず治療に難渋する場合は、アレルギーの検査として採血やパッチテストを行うことがあります。
湿疹・かぶれの原因
パッチテスト
皮膚炎の原因を調べるために、皮膚に接触する可能性がある化学物質や日用品、化粧品、薬剤、歯科金属、食物などの種々アレルゲンを背中に貼り、それらのいずれかが皮膚炎に関与していないか、経時的に皮膚反応を確認して調べる検査です。

※保険適応内の治療となります
パッチテスト

患者様の声Voice