南海線・地下鉄堺筋線 天下茶屋駅西口から和歌山方面へ徒歩1分天下茶屋 あみ皮フ科クリニック

スタッフブログ
2018/03/01
あみ通信 3月
花粉症の対策について

 くしゃみ、鼻水、はなづまり、目のかゆみ、これらの症状が続く辛い花粉症。花粉症の中でも、最もよく知られているスギ花粉は、1年のうち1ヶ月~長い人では3ヶ月あまり、花粉症の症状に悩まされます。花粉症とは、その名の通り花粉が原因で起こるアレルギー反応です。アレルギーとは、特定の無害な物質を外敵とみなし、それを体内から除外するために、体が過剰に反応する現象のことを言います。花粉の飛散が多いこの時期は特に注意が必要です。外出時は、つば付きの帽子、メガネ、マスクを身につけて、コートもツルツルした素材の物がオススメです。衣類やペットのついた花粉を家の中に持ち込まないように、外できっちり払って下さい。体についた花粉も毎日きちんと洗い流しましょう。花粉が入り込まないように窓は閉めて花粉の侵入を防ぎます。空気清浄機でお部屋の空気を入れ換えましょう。掃除はこまめにおこないましょう。床がフローリングであれば拭き掃除をすると効果的です。布団も外に干すと花粉がついてしまうので布団乾燥器がオススメです。どうしても外に干したい場合は飛散量の少ない午前中に干すようにしましょう。様々な対策をして、この時期のつらい花粉症を乗り切りましょう。

オススメの記事Recommended articles